虫歯治療|群馬県高崎市で歯医者をお探しなら井本歯科医院へ

0273701666

【電話受付】9:30~12:30/14:30~19:30

【休診日】木曜・日曜・祝日

虫歯治療

虫歯の原因

虫歯は、虫歯菌によって歯が溶けてしまう病気のことです。虫歯菌は口腔内にある歯垢に潜んでおり、食べカスの糖分を分解することで酸を作っています。歯は酸性に弱いため、お口の中が酸性になることで少しずつ、表面を溶かしてしまいます。痛みを感じる段階ではすでに虫歯が進行していることを意味します。放置することなく、まずはご来院していただき治療を始めていきましょう。

虫歯の進行と治療方法

虫歯は自然に治癒されるものではありません。そのため歯科医院での治療が必要となります。自覚できないこともありますので、
定期的に検査を受けるようにし、早期発見を目指すようにしましょう。

C0…歯に穴が空いてない状態の虫歯

脱灰の段階では歯の表面が白く濁ります。悪化しないようにするには、フッ素の塗布などによって歯の再石灰化を促進するようにしましょう。
医院では、ホームケア用の低濃度のフッ素(500~1000ppm)より効果的な高濃度のフッ素塗布 (6000ppm)も行っております。
また、歯磨きやフロスを用いて日常的にセルフケアを行うようにしましょう。

C1…エナメル質に穴が空いている虫歯

虫歯となった部分は削り取り、歯科用のプラスチックを詰めものに使用します。これはコンポジットレジンと呼ばれ、保険が適用できる詰め物になります。色合いが天然歯に近く見た目を綺麗にすることができます。

C2…エナメル質の下にある象牙質まで進行した虫歯

虫歯が象牙質まで進行すると、知覚過敏になり冷たいものを口に入れるとしみるようになります。その場合、虫歯を取り除いてレジンによる詰め物、ハイブリッドレジンやオールセラミックなどの被せ物を使用するなどして治療を進めていきます。

C3…歯の神経(歯髄)まで達している虫歯

神経にまで虫歯菌が到達すると強い痛みを感じるようになります。この段階では神経を取り除かなければならず、その神経が通っていた根管の洗浄、薬剤を詰めるなどの治療を行わなければなりません。歯は大きく削ることになりますが、被せ物で修復が可能です。
症状によっては、根管治療を行います。当院では、 X-smart IQトライオートなどの機器を用いて精度の高い治療を目指しております。

C4…歯根まで到達した虫歯

歯根まで虫歯菌が到達していると、歯の大部分は失われ根の部分しか残りません。抜歯による治療をすることになるでしょう。抜歯後の対応については患者様と相談しながら入れ歯(義歯)にするのか、インプラントなどを使用するのか、いくつかの方法を模索することになります。